就職面接の時の質問と自己PRについて

会社が新たに人を採用する時には面接が必須です。面接をせずに就職活動が終わることは、ないといっていいでしょう。
面接官は面接時の受け答えなどを見て、その人を採用しても良いかどうかという事を判断します。
採用の可否を決定する為、いくつかの質問をして、応募した人の評価をするというのが一般的な形となっています。
事前の支度を入念に行っておくことが面接では必要だといいますが、面接に対する支度とは何をすればいいでしょう。
ぶっつけ本番で、準備なしで面接を受ける人も中にはいますが、予備知識や心構えくらいの準備は最低限しておきたいものです。
定番の質問対して回答を準備しておく場合、ネットやマニュアル本の内容をそっくりそのまま回答するのは逆効果です。
問題のない答え方は、相手の印象にも残らず、評価されずに終わってしまうということがあります。
面接では当たり前の答えが聞きたいという訳ではなく、いかに自分なりの回答をする事が出来るかが重要なポイントになります。
面接時において、もう一つ注意したいのが自己PRです。面接を受ける時には、自分の人となりを伝えると同時に、能力、やる気、会社にどのように貢献できるかを伝えることです。
どんな長所を持っていて、会社ではどのような点で戦力になりえるかなどを伝えたいものです。
面接の場でしっかりとした自己PRができるようにするには、これまでの経歴や実績を紙に書き出すなどして、自分の行いを振り返っておくことです。