採用されやすい人材はセミナーに積極的な人

新たな人材を求めている企業の視点から見た場合、採用する人としない人の差とは、どこにあるでしょう。
人材を募集する企業と、採用を希望する学生とが、一つの場所に集まって顔を合わせるイベントが就職セミナーです。
同じ就職活動のセミナーにに参加している学生の中でも、採用担当者との関わり方に差が見られます。
就職セミナーに来ている学生のうちの何割かは、企業ブースに足を踏み入れても構わないのに、少し離れたところから静観しています。
気になっている企業ブースはあるけれど、行っても意味がないのではないかと、消極的な理由を感じている学生もいます。
働く意欲があり、行動力がある学生はどちらかといえば、企業はブースに足を運ぶ学生を評価します。
採用するのなら、消極的な人よりも、やる気があって、学ぶ意欲が高く、フットワークが軽いほうがいいからです。
採用した時にどんどん行動してくれる人のほうがいいので、そういう学生を選んで採用しようとするわけです。
消極的な学生は後ろの方の席に座り、資料ばかりを見ており、やる気が感じられないものです。
意欲が乏しそうな学生よりは、熱心に話を聞いてくるような学生のほうが、採用担当者の評価は高くなるものです。
多人数の学生が集まる就職セミナーでは、集団の中から熱心さが飛び抜けているような人を意図的に探す会社もあります。
就職セミナーで、自分の価値を評価してもらうためには、多人数の学生の中で没個性になってしまわないように気をつけましょう。