就職面接における質問のマナーについて

就職を成功させるために、面接の場で心がけておくべきことには、どういったことがあるのでしょうか。
まず前提として、面接時の一般的なマナーである、人の目を見て話すことや、促されるまで座らないことなどがあります。
いまでは多くの就職活動の対策本も販売されており、常識的なことはできて当たり前のこととして面接官も見ています。しかし、面接マニュアルに目を通して、知識として得ていても、相手との会話は難しいものです。
ただ聞かれたことに答えるだけでは不十分であり、こちらから質問をする場面もあるでしょう。
まず最初は謙虚な姿勢で面接官の説明を聞き、質問に答えることが大事です。シンプルな相槌を心がけましょう。相槌の打ち方も要注意です。
軽い相槌を何度も重ねていると、ぶしつけなイメージを与えてしまいます。日常的に行っている動作が、うっかり出てしまうこともありますので、特に相槌などは気をつけてください。
面接時の説明の途中で聞きたいことがある場合には、いきなり口を挟まずに、少しお聞きしてもよろしいでしょうか前置きしましょう。
相手の了解を得てから質問をすることで、社会人としてのマナーを理解していると思ってもらえます。
面接官から、何か聞きたいことはありませんかと言われることは面接での定番ですので、質問がある時はその時まで待っていてもいいでしょう。
いずれにしても、面接官のペースに合わせることが就職面接で成功する秘訣といえるでしょう。